気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

貧乏揺すりの由来は?原因や心理って?貧乏揺すりを止めるにはも紹介

   

スポンサード リンク

外にいくとたまに見かける貧乏揺すり。
他人がやっていると気になってしまいますが、自分も知らないうちにやっているかもしれません。

 

貧乏揺すりという名の通りあまり良いものではないのですが、貧乏揺すりの由来はどうなのでしょうか。
そして貧乏揺すりの原因や、やっている人の心理も気になるところです。
また、貧乏揺すりを止めるにはどうすればいいのでしょうか。

 

今回はそんな貧乏揺すりの由来、原因や心理、止めるにはどうすればいいかを紹介します。

スポンサード リンク

貧乏揺すりの由来は?

座っている時にひざなどを揺らし続ける状態が、貧乏揺すりです。

 

その由来は貧乏人が寒さに震えていた様子から、高利貸しの取り立てに貧乏人が怯えていた様子から、
貧乏人の緊張のしやすさから等、諸説ありますね。

 

江戸時代に生まれた言葉のようです。
たしかに高貴な大名はどっしりと構えており貧乏揺すりとは無縁な感じがありますね。

貧乏揺すりの原因は?心理は?

実際に膝が揺れる原因というのはまだしっかりと解明されていませんが、

  • 筋肉の収縮によるもの
  • 座った状態の時に起きる下半身の血行不良を改善する為、
  • ストレスや不満が溜まっている

が一般的とされています。
貧乏揺すりをすると気持ちよくなるという方もいらっしゃいますから、単純に気持ちいいため、とも言えますね。

 

また江戸時代の貧乏人のように、借金などに怯えている、寒いという理由かもしれません。
このように貧乏揺すりの原因は様々あり、一言でこれが原因だ!とはいえません。
貧乏揺すりの原因は人それぞれです。

 

ちなみに心理的になにかありそうと考えるかもしれませんが、とくになにもありません。

わざとやっているなら、他人の目を配慮できない無神経な心理といえるかもしれません。
しかし貧乏揺すりは無意識の場合もあるので、そういった場合は心理はなにもありませんね。

貧乏揺すりを止めるには?

この貧乏揺すりというのは本人は気付かないうちにしてしまっている事が多く、
指摘されるまで気付かないという事も珍しくありません。
気づいた場合、改善策を考えておく事がおすすめです。

 

実際に止めるには原因を意識しておく事が大切です。
ストレスや不安がある状態であれば、ストレスや不安を減らすようにしておく事が大切です。
血流の滞りを感じるのであれば日常的にストレッチ等を行い、血流の良い状態を作っておく事がおすすめです。

 

更に簡単な方法は座り方を変えてみる事です。
それだけでも、貧乏揺すりが止まるという事は少なくありません。
貧乏揺すりをしている事に気づいたら出来る対策をしておく事がおすすめです。

貧乏揺すりのまとめ

はい、ということで貧乏揺すりについてまとめますと…

  • 貧乏揺すりの由来は諸説あり、江戸時代の貧乏人の様子が由来
  • 貧乏揺すりの原因は、ストレス、不満、血行をよくするため、気持ちがいいため。
  • 貧乏揺すりの心理はとくにない。
  • 貧乏揺すりを止めるには、座り方をかえる、他人に注意してもらう、不安などを解消するなど。

このような感じですね。
貧乏揺すりはあまりいい行動ではないので、人前では控えるようにしましょう。

スポンサード リンク

 - まったり話題 , , ,