気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

激辛を食べた後の腹痛、下痢になったときの対処方法

   

スポンサード リンク

発汗作用や交感神経刺激作用がある激辛料理。

 

料理自体は美味しいのですが困るのは激辛料理の「副作用」とも言うべき深刻な腹痛です。
ひどい場合には下痢や胃潰瘍など、消化器系のトラブルを引き起こします。
では、それらに対する対策にはどのようなものがあるのでしょう。

 

今回は激辛料理を食べたときの腹痛や下痢について紹介します。

スポンサード リンク

激辛の腹痛や下痢はどうすればいい?治すには?

腹痛や下痢ですが速攻で治すことはできません。

私達人間の自然治癒力で治すことになります。

そして時間を使った自然治癒において大事なこと、避けたほうが良いことがあります。

 

まず一番に挙げられるのが「消化の良い物を意識して食べる」事です。

 

具体的には刺激物は胃腸に大きなダメージを与えるため、その状態で油っこいものや硬いものなどを多量に食べると腹痛が悪化してしまいます。
栄養バランスも意識しつつ胃腸を回復させるようにしましょう。

 

脂っこいものをやめて、やわらかいものがいいですね。
食事はおかゆが最適だと思います。

激辛の下痢がひどい時は?

下痢や排便痛など症状が酷い場合は1~2日の絶食をすると効果的です。
胃腸がかなり弱っているので、食べ物をたべても消化できない、栄養を吸収できない可能性があるためです。

 

なので絶食がいいでしょう。(絶食で体をリセットすることで精神的にもスッキリしますからね)
絶食は単純で食事をせずお水を飲むだけです。

 

この時は飲料に含まれるカフェインにも気を使うことが大切です。
カフェインも唐辛子に含まれるカプサイシンやカラシに含まれるアリルイソチオシアネートと同じく消化器への刺激作用があるからです。

 

緑茶やコーヒー、エナジードリンクなどは特にカフェインを多く含有します。
絶食中は水や麦茶等のカフェインを含まないものを飲むのが良いでしょう。

薬を飲むのもOKだけど…

下痢や腹痛の際にはドラッグストアなどでお薬を飲むのもいいでしょう。
ですが、お薬を飲めばすべて解決ということではありません。

 

市販の胃腸薬はあくまでこれらの方法と併せて利用し、
「薬を飲んだから大丈夫」と過信しないことが消化器粘膜の回復に繋がります。

⇒【楽天】で胃腸薬をみてみる

⇒【Amazon】で胃腸薬をみてみる

ネットでは市販の胃腸薬の評判がみられますので、自分に合いそうな胃腸薬を見つけて購入してみましょう。

激辛の腹痛、下痢のまとめ

はい以上、激辛料理に腹痛や下痢についてまとめると…

  • 激辛の腹痛や下痢を治すには自然治癒で治す。
  • そのためには食事は脂っこいものを避けて、やわらかいものを食べる
  • 下痢がひどい場合は絶食も効果的。
  • お薬(胃腸薬)は食事ケアと併用して飲むべき

このような感じで激辛時の体の不調を乗り切りましょう。

スポンサード リンク

 - まったり話題 , ,