気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

ストローハットの時期はいつから?ストローハットの意味やかぶり方も紹介

   

スポンサード リンク

ファッション雑誌をめくってみると、さりげなくコーデに入っているストローハット。

 

ストローというと飲み物を飲む時に使うストローが思い浮かびます。
ストローハットの意味もそのストローと関係があるのでしょうか。
また、ストローハットをかぶる時期はいつからかぶるのが良いのでしょうか。

そしてどんなかぶり方があるのかも気になりますよね。

 

ということで、今回はストローハットの意味、かぶる時期はいつからか、かぶり方などについて紹介します。

スポンサード リンク

ストローハットの意味は?

ストローハットの意味ですが、日本語で言うところの麦わら帽子という意味です。

 

ストローハットのストローですが英語では、strawというスペリングになります。
strawは飲み物のストローという意味もありますが、麦わらという意味もあります。
なのでstraw=麦わら、hat=帽子というころで麦わら帽子という意味になります。

 

麦わら帽子という呼び名だと、農作業っぽくなってオシャレ感がなくなります。
ですがストローハットだとおしゃれアイテムが感じがしますよね。

 

実際の所ストローハットとよばれる帽子は、従来の麦わら帽子とは違うデザインのものが増えています。
なのでストローハットという名前ですが、農作業などの麦わら帽子とは違う『おしゃれ麦わら帽子』になりつつあります。

ストローハットの時期は?いつから?

最近では流行のアイテムからもはや定番アイテムに移行しつつあるほどの人気を誇ってるハット。
中でも夏らしく可愛いということで人気なのがストローハットです。

 

ですが、夏らしさの漂うこのアイテム、いったいいつごろからなら被り始めてもいいのでしょうか。

 

こればかりは明確にいつからという時期はありませんが、ストローハットはもともとなつの日差し対策の意味もあるアイテムです。ですから、ある程度気温が上昇してきたタイミングということで関東地方ならば梅雨が明けた6月下旬ごろからが確実です。

 

しかしおしゃれ上級者の場合には季節を先取りしてファッションを楽しむ方も多いでしょうから、その場合にはゴールデンウィークごろにはかぶり始めるという方もいるでしょう。
なので5月にストローハットを使ってはダメ、ということではありません。

 

また、北海道や沖縄など地域によってかなり差が出る部分があるのも事実です。
それぞれの地域の気候に合わせて半袖など夏のファッションと合わせて着用するのがよさそうですね。

ストローハットのかぶり方は?

かぶり方としてはしっかりと深くかぶるよりもやや浅めに軽く頭に乗せるような感じでかぶるのがおしゃれに見せるポイントです。

 

ファッションアイテムを販売しているショップを見てみると、モデルさんがストローハットのかぶり方のお手本を見せてくれます。

トータルコーディネートと合わせて、かぶり方を研究するといいでしょう。

⇒【楽天】でストローハットをみてみる

⇒【Amazon】でストローハットをみてみる

暑い季節に大活躍するストローハット、夏のコーディネートのポイントとしてぜひ活用してくださいね。

ストローハットのまとめ

はい、以上ストローハットに関してまとめると

  • ストローハットの意味は麦わら帽子という意味
  • ストローハットの時期やいつごろかというと、6月下旬がオーソドックス。でも5月でも全く問題なし。
  • ストローハットのかぶり方は頭にのせる感じで、浅くかぶるのがコツ

という感じですね。
ぜひおしゃれなストローハットを取り入れてみましょう。

スポンサード リンク

 - まったり話題 , , ,