気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

節分豆の種類は…地域ごとに異なりますが主に2種類あります

   

スポンサード リンク

節分の日にお世話になるお豆。
「鬼はそと福はうちー」と、一年の健康を願って豆をまきます。
この節分豆ですが、地域によって種類があるみたいですよ。

節分豆 種類

今回は節分豆の種類について紹介します。

スポンサード リンク

節分豆の種類は…地域ごとに異なりますが主に2種類あります

節分豆の種類は一般的に2種類あります。
・大豆を煎ったもの
・落花生

というのが一般的ですね。
そして多くの家庭は前者の、大豆を煎った豆を使用していると思われます。

神社の豆まきで使用される福豆も、大豆を使用される場所が多いです。
スーパーの節分豆コーナーを見ても炒り豆という店が多いですね。

東京や関西では、大豆を煎った節分豆を使う家庭が多いです。

煎り大豆ではなく落花生を節分豆として使う地域もあり

ちなみに落花生を使用する家庭もあります。(私の家がそうでした)

 

落花生であれば、大豆と比べて片付けが簡単です。
そして豆まきが終わったら、そのまま食べることができるという利点もあります。

落花生の生産で有名な千葉県では、節分豆として大豆と落花生を使用しますね。
北海道や鹿児島、宮崎県などでも落花生を使用します。

これは火山灰や雪などでまいた豆がよごれるので、殻付きが良いという理由だと思います。
このように節分豆は地域によって異なるわけですね。

 

というわけで、節分豆の種類ですが大部分は…
・大豆を煎ったもの
・落花生
という2種類が一般的ですね。気になっていた方は覚えておくといいですよ。

スポンサード リンク

 - 2月の話題