気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

ラッシュガードの意味は?ラッシュガードの下は何を履けばいい?

   

スポンサード リンク

雑誌をみてみるとラッシュガードというものが登場したりします。

 

詳しい方であればご存知かと思いますが、普通に生活している分にはわからないものです。
ラッシュガードとは一体何なのでしょうか。どんな意味があるのでしょうか。
また、ラッシュガードの下の部分はどうしておけばいいのでしょうか。

 

今回はそんなラッシュガードについて紹介したいと思います。

スポンサード リンク

ラッシュガードとは?ラッシュガードの意味は?

ラッシュガードは水着の一種であり、主にサーフィンの際に用いられます。
そのため、「ラッシュ(rash)」の単語もサーフィンの用語としての「擦り傷」の意味を持ち、それより身を守るために着用されます。

 

しかし、それ以外にも、低温、紫外線、クラゲなどの有害生物から身を守る効果もあることから、サーフィンには欠かすことができないうえその機能性より、他のマリンスポーツなどでも使用されています。

 

このようにラッシュガードの意味は、マリンスポーツにおいてラッシュ(すり傷など)から身を守るという意味があるのです。
安全のためにもしっかりラッシュガードは用意しておきましょう。

⇒【楽天】でラッシュガードをみてみる

⇒【Amazon】でラッシュガードをみてみる

ラッシュガードの下は?

身を守るという事情から、ラッシュガードの素材にはポリエステルとポリウレタンなどの伸縮性が高く、目の詰まった素材が利用されることが多く厚さも一般的な水着よりも厚くなりがちです。

またバリアをするという事情から、露出度も低めになるという特徴があり、男女でデザインが大きく変わることもありません。

 

さらに、ラッシュガードの上にウェットスーツを着る場合や、ラッシュガードの下にも肌が透けるのを避けるために下着などを着用する場合があります。

下着といっても濡れますので水着を着用します。
女性なら競泳水着やビキニを着用しましょう。

 

このような事情から、ラッシュガードは水着であって水着ではないような扱いを受けており、店舗などで取り扱われる場合は水着とは別の場所に置かれていることもありますよ。

そのため、店舗でラッシュガードを探す際にはその点に注意する必要があると言えるでしょうね。

ラッシュガードのまとめ

はい、以上ラッシュガードについてまとめますと

  • ラッシュガードの意味は外部の危険から身を守る意味がある
  • ラッシュガードの下は水着をきたほうが良い。女性なら競泳水着やビキニ。
  • ラッシュガードの売り場は水着とは異なる場所においてあることも

こんな感じですね。
ラッシュガードをうまく活用してスポーツレジャーを楽しみましょう。

スポンサード リンク

 - 7月の話題, 8月の話題, まったり話題 ,