気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

ピーカンナッツとは一体?ピーカンナッツの栄養素やくるみとの違いも紹介

   

スポンサード リンク

少し前から雑誌や輸入食品店でみかけるようになったピーカンナッツ。

 

最近ではコンビニエンスストアでも置かれるようになって、ちょっとしたブームになっています。
しかしながらピーカンナッツとは何なのか、詳しくわからない方もいらっしゃると思います。
また、くるみとピーカンナッツの違いがわからない人も、意外と多いのではと思います。

 

ということで今回はピーカンナッツについて紹介したいと思います。

ピーカンナッツとは何なのか、ピーカンナッツとクルミとの違い、ピーカンナッツに豊富な栄養素などを紹介します。

スポンサード リンク

ピーカンナッツとは?ピーカンナッツの栄養素は?

ピーカンナッツとくるみのとの違いは、それぞれの食べ物を知ることで違いが見えてきます。

 

まずピーカンナッツとはスーパーフードのひとつです。

ペカンナッツとも呼ばれるのですが、ピーカンナッツとはくるみの親戚です。
ペカン(クルミ科の落葉高木)という木があり、その木の実がピーカンナッツです。
こんな感じで木の実として育ちます。

ピーカンナッツは不飽和脂肪酸が多くナッツ類の中では糖質も少ないです。
そのためダイエットをしながら、ピーカンナッツを食べている人も多いですよ。

ピーカンナッツは、アンチエイジングに効果的だと言われており、モデルや女優からも愛されています。実際の効果はどうなのかわかりませんが、ビタミンEが豊富なので美容のための栄養補給はバッチリですよ。

くるみの栄養素は?

一方、くるみは昔から日本でも愛されてきた食材のひとつです。

 

栄養素が豊富で、様々な効果や効能を期待して食べられています。
たとえばテレビで悪玉コレステロールを減らす作用や、抗酸化作用、滋養強壮作用はよく知られています。ほかにも皮膚の代謝を促進する作用もあると言われていますね。

 

あとは血行が良くなり動脈硬化の予防と改善効果も期待できると言われたりもします。

悪玉コレステロールは動脈硬化の原因となります。
悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすことは、生活習慣病の予防につながりますよ。

ピーカンナッツとくるみの違いは?

このようにピーカンナッツとくるみは親戚ではありますが、栄養が違ったりします。

 

そしてくるみとピーカンナッツの一番の違いは苦みでしょう。

ピーカンナッツにはくるみと比べて苦みが少ないので、食べやすいのです。
そのためか、アメリカではとても人気がありピーナッツの次によく食べられているとも言われています。

 

ピーカンナッツは少しだけローストすると香ばしさが出ておいしいです。
しかしビタミンなどが壊れるので栄養素の補給であれば、できるだけ生で食べた方がいいです。
ナッツの脂肪分も酸化しやすいので、生で食べた方が美容にも健康にも良いのですよ。

購入する際はローストか生かを確認しましょう。

⇒【楽天】でピーカンナッツをみてみる

⇒【Amazon】でピーカンナッツをみてみる

ピーカンナッツのまとめ

はい以上、ピーカンナッツについてまとめますと

  • ピーカンナッツとはくるみの親戚。ペカン(クルミ科の落葉高木)という木の実。
  • ピーカンナッツの栄養で代表的なのはビタミンE、不飽和脂肪酸、糖質は少なめ。
  • ピーカンナッツとくるみの違いは味。くるみと比べて渋み、苦味が少くて食べやすい。

このような特徴があります。
今後はピーカンナッツをおやつに取り入れてみましょう。

スポンサード リンク

 - まったり話題 , ,