気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

口呼吸のデメリットや弊害って?口呼吸の治し方についても紹介

   

スポンサード リンク

お子さんの中には口呼吸をしていらっしゃる方もいるかもしれませんね。
口呼吸は鼻炎や鼻づまりのときになりがちな症状になります。

 

あまり良いものではないのはわかりますが、具体的に口呼吸はどのような弊害、デメリットがあるのでしょうか。
また口呼吸の治し方はあるのでしょうか。
もし口呼吸でお悩みならぜひおためしください。

 

今回は口呼吸のデメリットや弊害、治し方について紹介します。

スポンサード リンク

口呼吸の弊害やデメリットについて

人は本来であれば、鼻呼吸で生活をしています。
産まれたての赤ちゃんでさえミルクを飲む時は、ちゃんと鼻で呼吸をしながら上手に飲んでいますよね。

 

しかし子供の頃に鼻炎や口呼吸が癖になった事が原因で、大人になっても口呼吸する人が増えてきているようです。

段々この生活に慣れてしますと、喘息やアトピー睡眠時無呼吸症候群など、色々な面で健康の弊害を引き起こす可能性があるし、口をポカンと開けている表情は見た目も良くないし、デメリットばかりです。

 

そもそも口呼吸と鼻呼吸の一番の違いといえるのは空気の水分です。
鼻呼吸の場合は、鼻の中の湿気や鼻の温度を経由するので、空気が体内に取り入れやすい状態になるのです。一方、口呼吸は鼻呼吸に比べて空気が体に触れる経路が短いので、乾燥した空気になります。

 

すると息が通る気道が乾燥しがちになり、免疫力が落ちたり機能が低下します。
そしてその結果、口呼吸のままだと呼吸気管のトラブルや弊害が起きるのです。

口呼吸ではなく鼻呼吸のほうが圧倒的に良い

一見、健康面と口呼吸とは関係なさそうだけど鼻呼吸の方が、多くの酸素を多く取り入れられるので、
改善することにより酸素の吸入量が増えると、血行が良くなる他、免疫力の向上にも期待できます。

 

呼吸一つで健康状態が変わると言ってもいいでしょうね。
ぜひとも口呼吸のデメリットや弊害を知って、口呼吸を治していきましょう。

口呼吸の治し方は?

では、直ぐに実行できる治し方を紹介しましょう。
まず市販されている専用のテープで、寝ている時に口を塞ぐ方法です。
なんと今の時代、口呼吸を治すグッズがあるのです。

⇒【楽天】で口呼吸 テープをみてみる

⇒【Amazon】で口呼吸 テープをみてみる

この方法で寝ている時、無意識に口呼吸をしてしまう癖を治しましょう。

 

口にテープをするのに抵抗がある場合には、マスクをして寝るのも良いかもしれませんね。

マスクなら多少は口からの息が吸えるので、口呼吸を治す最初のステップとして良いかと思います。

⇒【楽天】でマスクをみてみる

⇒【Amazon】でマスクをみてみる

あまり、改善がみられないようでしたら、専門医に相談する事をお勧めします。
出来れば子供の頃から治した方が良いので、風船を膨らませたりシャボン玉など、遊びを取り入れて口周りの筋力を上げる体操を行いましょう。

 

このように寝る時にテープを使ったり、遊びで口周りの筋肉をきたえることが口呼吸の治し方といえますよ。

口呼吸のまとめ

はい、ということで口呼吸についてまとめますと

  • 口呼吸の弊害やデメリットは喘息、アトピー、無呼吸症候群がある
  • 鼻呼吸のほうが体内に取り入れやすい空気になる
  • 口呼吸の治し方は、寝るときのテープや日常の遊びなどで口周り筋肉をきたえる。

このような感じです。
もし口呼吸でお悩みであれば、ぜひ今日から改善に向けてチャレンジしてみましょう。

スポンサード リンク

 - まったり話題 , ,