気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

クリスマスツリーの木の由来を紹介、モミの木以外もクリスマスツリーとしてあります

   

スポンサード リンク

クリスマスツリーの木といえば、クリスマスを象徴する代表的なものですよね。
大きなツリーとして、ドーンと飾る街もあるでしょう。
このクリスマスツリーの木はモミの木が一般的ですが、理由もあるのですよ。

クリスマスツリーの木

今回はクリスマスツリーの木の由来を紹介します。

スポンサード リンク

クリスマスツリーの木の由来を紹介、モミの木以外もクリスマスツリーとしてあります

まずクリスマスツリーの木は日本とアメリカとで異なります。
基本的にはモミの木ですが、細かく異なるんですよ。

 

バルサムモミ、フラセリーモミというモミの木をはじめ
ヨーロッパアカマツ、エゾマツといった松の木が使われることもあります。

 

そしてこれらは常緑樹と呼ばれ、クリスマスツリーは常緑樹が採用されます。
いわゆる枯れたり葉っぱがなくなったりせずに、緑を保ったまま冬を越せる木のことです。

これが重要ポイントなんです。

クリスマスツリーがモミの木として採用された理由

クリスマスというのはキリストの文化であり、キリスト教にルーツがあります。

17世紀ごろヨーロッパで、キリストの誕生を祝うお祭りが開催されます。

そしてキリスト誕生祭のオープニングとして、
アダムとイブの『禁断の果実』の物語を再現する舞台劇が行われます。

そのとき使われた小道具。

アダムとイブはリンゴを食べたとされており、
本来であればリンゴの木を使用するのが普通です。

ですがクリスマスの12月になると、
リンゴの木というのは葉が枯れてしまい、とても寂しいものになります。

 

そこで冬になっても葉が枯れないモミの木が採用されたのです。
モミの木にリンゴを吊るすことで無事再現されました。

そしてそれが一般家庭でも広まり、クリスマスツリーといえばモミの木となったのです。
これがクリスマスツリーがモミの木として広まった由来です。

 

日本では単なるイベントとしてクリスマスを祝いますが、
クリスマスツリー1つをみても、キリスト教の歴史が密接に関係しているんですね。

クリスマスツリーの木

⇒【楽天】でクリスマスツリーの木をみてみる

⇒【Amazon】でクリスマスツリーの木をみてみる

スポンサード リンク

 - 12月の話題