気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

ひまわりの種の食べ方や栄養、効果や効能について紹介

   

スポンサード リンク

お酒のおつまみとしても人気のひまわりの種。

 

いざ食べようとしても食べ方にこまったり食べ方を知らない人も多いかと思います。
ひまわりの種はさまざまな栄養が含まれていますので、日常の料理につかって活用してみてください。
そしてひまわりの種に期待できる効果や効能も堪能してみてくださいね。

 

今回はひまわりの種の食べ方や効果や効能、そして栄養などについて紹介します。

スポンサード リンク

ひまわりの種の栄養や効果や効能は?

まずはひまわりの栄養などについて紹介します。
ひまわりの種は日本ではあまり食べる習慣がないですが、アメリカや中国などでは補助食やおやつとして食べられています。

 

ひまわりの種にはコレステロール値を抑えるリノール酸や体内の余分な塩分を排出するカリウム、
抗酸化作用のあるビタミンE、必須アミノ酸の一つであるトリプトファン、
体の細胞を作る時に欠かせないビタミンの一種である葉酸などの栄養素が多く含まれています。

 

よって生活習慣病の予防や高血圧の予防をかんがえている方にはおすすめですね。(コレステロール値を抑えるため)他にも動脈硬化の予防、貧血防止が気になる方にも食べてほしいと思います。

 

うつ病の予防や免疫力向上やリラックス効果を意識する方にも。(トリプトファン)
そしてアンチエイジング(ビタミンE)ダイエット(葉酸)をスタートする方のおやつにもひまわりの種でしょう。

 

ひまわりの種は薬ではないので効果や効能というものはありませんが、健康のための栄養補給はできますよ。

ひまわりの種の食べ方は?

ひまわりの種の食べ方を紹介します。

ひまわりの種の食べ方ですが殻を割って中身を食べます。
横に広くなっている部分をタテにして、前歯でカラをわって中身を食べます。

 

フライパンなどで軽く炒って塩をまぶして食べるとナッツのような感じになります
よくおつまみにひまわりの種を食べる方がいらっしゃいますが、こんな感じで加熱して食べるのが好きという方が多いです。

 

ですが、含有するリノール酸は加熱すると劣化する性質を持っているので、出来れば加熱しないで生のまま食べる方が、含有する栄養素を全て摂取する事ができますよ。

ナッツのような味わいを優先するか栄養を優先するか…悩ましいですね。

 

また、ひまわりの種の中身はそのまま食べると香ばしく、味わいにクセがないのが特徴となり、サラダやシリアル、ヨーグルトなどのトッピングとして食べたりできます。生でもおいしいですが料理のトッピングとして使うとさらに美味しく食べられます。

 

しかしひまわりの種は栄養価が高いので1日20粒程度を目安にし、食べ過ぎると体に悪影響を及ぼす恐れがあるので注意します。脂質などがそこそこありますのでダイエットをお考えの方は気をつけましょう。

 

また、食べる場合は食用のものを食べるようにしましょう。園芸用の種は避けたほうが良いでしょう。

⇒【楽天】でひまわりの種をみてみる

⇒【Amazon】でひまわりの種をみてみる

ひまわりの種のまとめ

はい、ということでまとめると

  • ひまわりの種の栄養はリノール酸、カリウム、トリプトファン、ビタミンE、葉酸
  • 生活習慣病の予防、高血圧の予防といった美容健康を意識する方におすすめ
  • 食べ方はカラをとって生でたべる、フライパンで軽くいためて塩をまぶす。

という感じですね。ひまわりの種ライフを楽しんでみてください。

スポンサード リンク

 - まったり話題 , , ,