気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

歯ぎしりをする理由は?防止、治し方って?子供の歯ぎしりについても紹介

   

スポンサード リンク

朝起きてみると歯が痛くて仕方ないときがありますよね。
もし初めての経験であれば「あれ、虫歯!?」と思うかもしれませんね。

 

実は歯の痛みは、睡眠中の歯ぎしりだったりします。
歯ぎしりは厄介なものですが、防止方法や治し方はあるのでしょうか。
また、歯ぎしりをする理由は何なのでしょうか。そして子供の歯ぎしりもあるのですよ。

 

ということで今回は歯ぎしりをする理由、歯ぎしりの防止や治し方、子供の歯ぎしりについても紹介します。

スポンサード リンク

歯ぎしりをする理由は?治し方は?

大人の歯ぎしり主な原因はストレスと言われています。
肩こりが原因という意見もありますね。
これは肩こりによる心理的な悩み、身体的な違和感がストレスになっているとも言えるでしょう。

 

では子供の歯ぎしりの原因はなんでしょうか?
子供のが歯ぎしりをする理由のひとつに大人同様、ストレスがあります。
保育園や小学校入園・入学したり、転校することによって環境が変わることによってストレスを感じるのですまた、弟や妹が産まれることで、お母さんを取られたように感じそれがストレスになるようです。

 

ですから歯ぎしりの原因がストレスである場合には、治し方としては子供が少しでも安心・リラックスできるようにケアをしてあげることです。また、時間の経過とともに環境に順応していき歯ぎしりは自然と治まっていくでしょう。

 

これは大人も同じであり、ストレスが原因ということはストレスが解消できればおさまっていくものです。
なるべくストレスの根本が解決できるように日々を過ごしていきましょう。
これが歯ぎしりの防止につながっていきます。

 

とはいえ、ストレスの元となるものが解消されるには時間がかかると思います。
そんなときはストレス解消グッズなどで日々のストレス解消をしていくことが必要ですね。

 

ストレス解消は体を動かすことがいいでしょう。
飲酒や喫煙は、体をむしばむのでなるべく避けたほうが良いです。

 

ストレスを低減させるものとして、アロマ、入浴、酸素ボンベ、ストレッチなど色々ありますからね。

⇒【楽天】で歯ぎしり対策グッズをみてみる

⇒【Amazon】で歯ぎしり対策グッズをみてみる

子供の歯ぎしり特有の原因

子供の歯ぎしりの別の理由としては、乳歯が生え始め頃であれば、生えたばかりの歯を噛みあわせることによって顎の骨を強くしたり、歯を使う練習をしたりしています。

 

また乳歯が抜けて永久歯へと生え変わる時期である場合、その時期には成長に伴って顎が大きくなり、歯と歯の間に隙間ができるようになります。

すると歯の噛み合わせが悪くなるので、歯ぎしりをしてバランスを調整しているのです。

 

このケースの歯ぎしりの治し方や防止ですが、
子供の歯ぎしりは成長の過程の一部なので過度に心配する必要はありませんが、
歯のすり減りが気になったり顎痛みが生じてきているのであれば、
歯ぎしり防止として、歯医者さんで子供の口にあったマウスピースを作ってもらい、
睡眠時に装着することができます。

 

なのでお子さんの歯ぎしりがどうしても気になる場合は、歯医者さんにいってマウスピースを作ってもらうことも可能です。

歯ぎしりのまとめ

はい、以上歯ぎしりについてまとめますと

  • 歯ぎしりをする理由は基本的にストレスによるもの
  • 歯ぎしりの防止、治し方はストレスの根本をなおす。そのために日々のストレス解消も大事
  • 子供の歯ぎしりはストレス以外にも、歯のかみ合わせによって起きることがある
  • この場合は子供の成長にともなって治る、一時的なもの

という具合ですね。
ぜひ今日から自分でできそうなストレス解消を行ってみましょう。

スポンサード リンク

 - まったり話題 , , ,