気になる話題ブログpri

日常の気になることを書いています

4kの意味や4k動画とは?そして8kとは、2kとはについて紹介

   

スポンサード リンク

近年スマートフォンの普及によってニュースやその他の情報は携帯で検索して済ませてしまう人も増えてきました。

それでもなお、視覚情報と音声情報を同時に得られるテレビは私たちの生活には欠かせないツールに変わりありませんね。

 

そして近年のテレビは非常に高画質で映像の内容だけでなくその映像美も楽しむ要素の一つとして求められており、
4kテレビや8kテレビといった画質にもこだわりがみられるテレビの需要が高まっています。

 

ところで4kテレビ、8kテレビという名称の4kとか8kとは何なのか、よくわからないかもしれませんね。

今回は4kの意味、8kとは、2kとは、4k動画とは何かを紹介します。

スポンサード リンク

4kの意味、8kとは、2kとは?

早速ですが画面モニターにおいて、4kの意味そして8kとはそれぞれ画質を表すピクセル数を意味しています。
4kは4,000ピクセル(3840~4096くらい)そして8kは8,000ピクセルぐらいの略称です。

 

ピクセルというのは画面の色の最小単位のことです。
テレビ画面は小さな色の点の集まりでなり立っています。
この色の点がどのくらいあるのかを示すのが4kや8kというものです。

 

4kや8kに対して呼ばれる2kとは現在のテレビ画面であり横1920×縦1080ピクセルで構成されておりますが、
一例として4kは3840×2160ピクセルそして8kは7680×4320ピクセルで構成されています。

 

4kテレビというのは小さな色の点を横3840×縦2160も表示できますよ、ということです。

 

ちなみにkというのはキロのことで1,000倍という単位です。
1キロメートルや40キログラムという使い方をしますよね。

 

4kも同じであり、4にk(キロ、1,000倍)で4,000となり、横の4096ピクセルのことを大雑把に4kというのです。
8kというのも横の8192ピクセルのことを大雑把に8kといいます。
2kも同様に横の1920ピクセルのことを2kと呼んでいます。

4k動画って?

数字でも明らかなように、現在の2kとは圧倒的な画質の高さを誇り、そして4kや8kとはさらにその上をいくテレビということがいえるのです。
また最近はただ見るだけでなく自分で4k動画を撮影して楽しむこともできるようになっています。

 

4kや8kがどれほどのものかは、実際に家電屋さんなどにいって見てみると良いでしょう。こういうモニターが4k動画に対応しています。

⇒【楽天】で4k モニターをみてみる

⇒【Amazon】で4k モニターをみてみる

そして4k動画とはスーパーハイビジョン動画とも呼ばれ、高画質をそのままに動画として収められるという魅力があります。

4k動画とは簡単に言うと、従来の動画とは別次元の超高画質の動画ということです。

 

ちなみに画素数が増えて画面に対する画質の密度が非常に高くなるため、次世代テレビは今までとは比べ物にならない映像美を実現することができていますよ。
ただしそのぶん、動画ファイルにした場合はファイルサイズがとても大きいものになります。

4k、8k、2kのまとめ

はい、ということでまとめますと

  • 4kの意味は横3840×縦2160ピクセルというような、横のピクセル数が4,000くらいのモニターのこと
  • 8kとは横7680×縦4320ピクセルのような、横のピクセル数が8,000くらいのモニター
  • 2kとは横1920×縦1080ピクセルのようなモニター。いわゆる従来のテレビモニター
  • 4k動画とは従来の何倍も高精細な、超高画質の動画のこと

という感じですね。
最先端のテクノロジーをフル活用したモニターで、キレイな画質で映像を楽しみましょう。

スポンサード リンク

 - まったり話題 , , ,